浮気調査

探偵

 

 

 

 

 

 

完全に配偶者の浮気をやめさせ、相手と手を切らせる方法としては、誰にでも明白な浮気の証拠を押さえておき、双方に慰謝料の支払いを求めるというのが最も効果的です。

 

 

 

不倫の相手のほうではさほど罪悪感を感じていないことも多いです。配偶者として正当な慰謝料を請求することで、事態の深刻さを自覚させることができるでしょう。探偵社で働くには特別な資格は必要としません。

 

 

 

その代わり、実地面での素行調査(不倫や不貞含む)を確実に遂行するには、しっかりとしたスキルが必要です。
そういった教育に配慮がないところでは、教育が不充分なアルバイトスタッフが調査の実務に携わる場合もあると聞きますので、格安というところは注意したほうが良いでしょう。支払った額にふさわしいスキルを持つ調査員が調査することが確実な成果につながるのです。もしパートナーの浮気が発覚した際は、さしあたっては今後の動向を考えるために心を落ち着けるよう努めましょう。不倫を許して一緒にやっていくことが無理なら、思い切って離婚ということもありますし、慰謝料だのも考慮していかなければなりません。

 

夫婦で話し合う時間を確保し、お互いにどんな問題があり、これからどうすべきか話し合うと良いでしょう。SNSを使いこなす人が増えているせいもあってか、そこでポロリと不倫が発覚したというパターンも多くなりました。
配偶者がスマホを片時も離さずSNSをチェックするそぶりがあれば、浮気相手と連絡をとっている可能性が高いです。

 

 

 

スマホやSNSへの警戒心は、不倫の有無を判断する好材料になるかもしれません。

 

いざ不倫調査を探偵に依頼したあと、むこうが気付くのではないかと不安になるかもしれません。探偵はそれを仕事にしているのですから、相手に露見するようなことは、極めて少ないといっていいでしょう。でも、「探偵を雇った」という事実で振る舞いが微妙に不自然になってしまって、むこうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。最低でも調査終了までは、自然な振る舞いを心掛けるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段の生活にも、不倫を見分けるツボというのがあります。

 

遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。

 

大抵の人間はウソをつくとき、カラ威張りのように不自然な態度で短く答えがちですからね。

 

 

 

ちょっと質問しただけなのに、懇切丁寧に細かいことまで話しだすのも疑わしいです。
隠し事があればあるほど、沈黙を埋めるように、よく話しますからね。視線もキョドりますし、目線を追うとすぐ判別がつきます。不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんが慰謝料の請求を内容証明郵便で送ってくるのは覚悟しておかなければなりません。一般的に慰謝料というと、相手側の離婚の有無で当然ながら差があります。

 

離婚に至っていないにもかかわらず慰謝料として高額な金銭を要求されたら、いったん話を収めてもらい、まずは弁護士事務所に相談するほうが良いでしょう。たとえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は業者によってかなりの違いが出てきます。

 

 

 

最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、多少面倒でも複数の探偵社に見積り依頼しておく方が、料金だけでなく会社の雰囲気も分かって良いと思います。
あと、ちょっとしたコツなのですが、調査する相手の情報をあらかじめ調査員に細かく教えておくと、効率良く調査できるので、請求額も安くつくでしょうし、調査の出来不出来にも影響してきます。主人が帰宅後や休日に携帯でよく誰かとメールするようになったので、すぐ、不倫かなと思ってしまいました。

 

 

 

相手が誰かだけでも知りたくて、ケータイチェックを試みたものの、いまさらながらにロックしてあることに気づき、結局、わかりませんでした。

 

泥沼は嫌なので、これは探偵の出番かとも思うのですが、専業主婦が払える金額なんてたかが知れていますし、いまだに踏ん切りがつきません。

 

ダブル不倫の場合、交際解消の一因となるのは、配偶者との間に子供が欲しくなった(相手が希望した)というのが実は結構多いのです。
そこから相手に申し訳ないという気持ちが生じたり、W不倫の現実にうんざりする気持ちが出てきたりします。
もしくは、転勤や世帯構成の変化などで今までのように会えなくなったりすると、ここぞとばかりに別れを切り出すきっかけになるのです。
もし配偶者が浮気していた場合、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。とはいえ、当事者だけで解決しようとすると、意地の張り合いになり、結論にたどり着く前に多大な労力を必要とします。

 

ことによると裁判に発展するケースもあるので、弁護士を頼んで無理のない問題解決を図るとよいでしょう。探偵業者を選ぶなら、その会社の評価や口コミ情報を調べることを強くお勧めします。
悪質なところだと、不当に高い料金を請求してきたり、ずさんなバイト仕事で済ませている例もあります。

 

利用者評価の高い探偵業者であれば、割高な請求の心配もないわけですし、もちろん、浮気の追跡や行動調査なども手抜かりなく行ってくれると思います。
パートナーが浮気をしている気配があって初めて探偵業者を利用しようというときは、安さを売りにしている業者は魅力的に映るかもしれません。とはいえ、安すぎるところは注意が必要でしょう。

 

価格なりの低レベルな調査に終わるパターンもあるわけですから、これから依頼するのであれば、常識的な程度の安値なのか、信頼できる業者なのかは、しっかり確認しておきましょう。浮気調査なんていちいちしなくてもと思う人は多いでしょう。でも、ふとしたことがきっかけで不倫に発展することがあるので、仕事場はオバさんばっかりと本人が言っていたとしても、安心してはいられません。そういったところの方が、数少ない女性の存在というのは目立つものです。

 

 

 

挙動が不審で浮気の疑いがあるなら、探偵事務所に浮気調査を依頼すれば、正体のわからない不安に苛まれることもなく、気持ちの上でも安らかになるはずです。探偵を利用したいと思っても、お金のことは気になりますよね。
調査会社への代金の支払いについていうと、名のしれた大手探偵社等ではクレジットカード払いやローンでの分割払いOKという業者もあります。一刻でも早く不倫の裏付けをとってほしいのに、支払いでためらっているのであれば、そうした会社を最初から選ぶと機会を逃さなくて良いですね。

 

不倫の追跡調査を探偵業者に依頼するにしても、それにかかるコストは無視することができないファクターでしょう。

 

探偵業者の多くは無料で相談を受け付けていて、見積りまでは料金はかからないと思って良いでしょう。
見知らぬ会社に一人で行って、もし悪質な業者だったらと不安に思う人もいるかもしれません。それなら、営業所のかわりに、不特定多数の客がいるコーヒーショップなどで顔合わせするという手段もあります。意図しない契約を結ばされるといったトラブルを避けることができます。
許しがたい不倫行為を働いたパートナーへの復讐は、社会的生命を奪われかねないストレスを与えることが一番だと思うんです。

 

うわさ話程度ではなく、誰が見ても明らかな証拠が必須だとは思うのですが、逆にいうとそれさえあれば、心ゆくまで相手を追い込むこともできるし、目に物見せることができます。中には浮気相手への追及もぬかりなく、職場や家族に知らせて溜飲を下げるという人もいないわけではありません。ご近所と付き合えなくなったり職場をやめたりと、それなりの報いを受けるわけです。

 

 

探偵に浮気調査を依頼する場合、根本的にどういった目的があるのかをはっきり伝えることが非常に大事です。

 

浮気をやめさせるだけにとどめておくか、もしくは裁判で離婚するための証拠を押さえたいのかを区別して、伝えておく必要があります。

 

 

 

何を目標にするかによって探偵の調査内容に違いが出てくる場合が多いからです。
意外かもしれませんが、不倫の賠償請求(慰謝料)には期限というものがあります。

 

浮気の相手が判明してから3年、でなければ不倫行為から20年と規定されており、それ以後は時効です。

 

時効が迫っているときは慰謝料請求訴訟を起こせば、時間経過をリセットできるんです。不倫という行為を時効で「逃げ得」にしてはなりません。

 

時間がなければ訴訟に踏み切ることも選択肢に入れてみましょう。
結婚相手の不倫行為によってダメージを受けた人のメンタルケアを行う相談員がいるのをご存知でしょうか。専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、心の傷を癒し、前進していけるのです。浮気によってパートナーと別れてからも人間関係をうまく構築できなかったり、建設的な考え方ができなくて悩んでいるといったケースもあります。

 

もし離婚せず、夫婦関係の修復をはかる際も、カウンセラーと話すことで情緒面を落ち着けることができます。探偵社を使い慣れている人はいないと思いますが、時にはとんでもないインチキな会社も存在するので、依頼するなら事前に情報を集め、堅実な会社に依頼すべきです。

 

 

 

また、不倫の追跡調査等でも、決められた時間内に有力な証拠を得られるとは限りません。

 

どのような調査でどれくらい時間と料金がかかるのか、説明をしてもらって納得できたら契約を交わすと良いでしょう。W不倫、しかも職場って多いんですよね。

 

 

 

ただ、知られたところで、不倫に強要などのパワハラやセクハラを伴わない限り、個人の問題が理由で安易にクビにすることができないようです。

 

 

ただ、職場の規則やパートの契約書などの、公序良俗、および社内秩序、風紀等を乱す行為といった箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、せいぜい上司から注意される程度で、厳しいお咎めはなしで終わりがちで、結局のところ「甘い」印象は否めません。たとえ不倫調査という正当な理由があっても、対象に内密に尾行や張り込みなどの調査を行い、そこで得た証拠や情報を発注者に情報提供する探偵の仕事というのは悪いこと(不法な行為)なのではと質問されることがあります。

 

 

ご心配なく。
探偵業法を遵守していれば違法ではありません。探偵業法が2007年に施行される以前は、興信所や探偵といった調査業者への明確な規制がなく、不当な行為を働く業者による問題を防止するべく策定され、現在に至ります。探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、金銭的にも時間的にも大きな犠牲を強いられることがあります。

 

話をしに行っただけで過度に不安を煽ったり、契約を急かすようなところは用心してかかるべきです。

 

 

一度断ったのに、再々電話を繰り返し、相談者の根負けを狙うのは劣悪な業者とみて間違いありません。

 

 

 

普通の営業をしている探偵業者なら、そんなことはしないはずです。どの探偵社に依頼したら良いか取っ掛かりが掴めない人は多いと思います。

 

そこで目安になるのは「地域」です。誰しも居住地と勤務地を中心に行動するため、地域を頭の隅に置いて、ウェブで探してみると候補がおのずと絞れてきます。

 

 

 

いくつか選んだところで相談専用電話があればそこに、そうでなければ代表か営業所に電話をかけ、調査してほしいことを伝えてみると良いでしょう。相手は専門家ですが、話をしてみないと、信頼できる探偵社かどうか判断がつかないですし、同時に疑問点も聞いてみると良いのです。

 

 

自分でなく、職場の同僚のことなんですが、ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、相手を訴えてやると思っているみたいです。

 

 

気持ちは分かりますが裁判となると相応の費用もかかるでしょうし、不倫の動かぬ証拠をおさえて慰謝料を払わせ、今後の接触を禁じるのも一計ではないかとアドバイスしたんです。なんだか妙に納得されました。
離婚を前提としているようで不倫調査を頼むのは気が引けるという人もいるでしょう。

 

しかしそこまで重たく感じる必要はないようにも思えます。

 

不倫をやめさせる、慰謝料を請求する、離婚する。

 

いずれにしても、肝心の証拠を押さえておけばメリットはあるはずです。興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、何らかのかたちで決着をつけたいと思ったら、探偵に相談することを視野に入れても良いのではないでしょうか。

 

「浮気癖」という言葉があるように、浮気は繰り返すといったケースもままあります。浮気が発覚して、一応反省はするものの、またしても我慢できなくて浮気する可能性だってないわけではありません。

 

 

あやしい素振りを見せたら、探偵業者の力を借りて、ガッチリ浮気の証拠固めをして、責任をとらせるべきではないでしょうか。
浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、素人が浮気の証拠をつかむことは現実的ではありません。でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料と話を有利に進める材料になります。

 

 

 

配偶者の浮気の疑いが濃厚であれば、興信所や探偵に調査を依頼しましょう。
ある程度、費用は必要ですが、体の関係があると思われるような写真のように、あきらかな証拠が得られるでしょう。
探偵業の存在を知っていても、利用することはほとんどないでしょう。

 

不倫調査を頼みたいと思っても、どこが良いやらピンとこないのが一般的なのではないでしょうか。

 

 

 

探偵業務を行う事業所は、公安委員会への届出が不可欠です。認められれば営業所ごとに番号が付与されるので、まともに届出を出している会社なのかは、届出番号を取得しているかどうかでもわかります。

 

 

つまり、業者のウェブサイトに許認可番号が掲載されていることを確認して、依頼するようにしてください。最近不審な電話があるので夫の浮気が気になり、探偵を頼もうとウェブで調べたところ、出るわ出るわ、自社サイトを持っているところって意外と多いんですね。

 

問い合わせは複数の会社に行い、もっとも相談員さんの対応が良かったところに調査を依頼しました。いくら浮気を疑っていても、時間や写真という裏付けがとれてしまうと、さすがに落ち込みました。

 

 

ペットの迷子探しがあるせいか、混同されることもあるのが探偵業者と便利屋です。しかし、両者には大きな隔たりがあることにお気づきでしょうか。

 

 

 

個人でも会社でも便利屋をするには届けが要らないのに、探偵業は個人であろうと法人であろうと、探偵業法の規定通りに、公安委員会に誓約書や身分を明らかにする書類と共に開業届を出し、探偵業の認可を受けてこそ開業できるのです。
こうした手続きを踏んで、依頼者の個人情報と権益を守る義務があるのが探偵業者です。

 

 

不倫の調査を興信所にさせるなら、個人情報を伝えずにやってもらうことはできませんから、できるだけ信頼できるところにお願いしたいですよね。

 

 

安いからと、アルバイト調査員がいるような会社に依頼したら、未熟な調査能力のせいで満足のいく結果が出なかったり、金銭トラブルになった例もゼロとは言えません。

 

 

 

失敗しないよう、依頼前に情報収集を行い、変な業者はふるい落としておくことが大事です。

 

 

子供も小学生で手もかからなくなってきたので、パートに出て、子育てのことで親身になってくれた男性社員さんと、お付き合いを始めました。まあ、不倫ですよね。

 

子供ができてから今までの間、どっぷり主婦をやっていた私は用心が足りず、以前と変わったところがあったのか、すぐ主人にバレて、先方の奥さんや勤務先の知人などから裏付けをとられ、両家ともに離婚。
そして双方が慰謝料を請求されるということになってしまいました。離婚すると、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気していた方の親は子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。

 

子供の親権というものは、裁判では子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、どれくらい育児に関心を持ち、かかわっていたかといった点がチェックされます。

 

つまり、子供の生育に適した環境かを重視して判定するのです。